ウーマン

クリニックでほくろの除去治療を受けるべし【悩みを手軽に解消】

  1. ホーム
  2. ほくろ除去のお役立ち知識

ほくろ除去のお役立ち知識

鏡を見る人

除去方法の種類や特徴

放置しても特に体に悪い影響を及ぼすわけではありませんが、ほくろが目立つ場所にあって格好が悪くなれば、精神的に落ち込んでしまいます。比較的安価でスピーディに除去できるので、気軽に専門医に相談してみましょう。ほくろ除去専用のアイテムも販売されていますが、自力で除去しようとすると完全に取り除けないだけでなく傷跡が残ることもあります。特に顔などに傷が残ればほくろよりも大きな悩みの種となるので、無理をせずに美容整形クリニックや皮膚科を頼りましょう。ほくろ除去の方法は複数ありますが、現在主流とされているのは医療用レーザーを用いた施術です。医療用レーザーを使用する場合には、麻酔薬を使うので施術中に痛みを感じることはありません。根の深いほくろもきれいに除去できる上、傷跡が残りにくいという特徴があります。術後にはしばらく赤みが残ることもありますが、メイクで隠せる程度の赤みなので、日常生活に支障をきたすような心配もありません。このようにメリットの多い施術方法だといえますが、膨らみのあるほくろには上手くレーザーが反応しないということもあるので、まずは医師に診てもらいましょう。炭酸ガスレーザーやQスイッチルビーレーザーなど、同じレーザーでもいくつも種類があり、それぞれ特徴や特性が異なるのでよく比較してから選ぶことが大切です。ほくろ除去の方法としては、切除縫合法も有名です。その名の通り、メスで切り取って縫合するという方法で、5ミリを超えるような大きなほくろの除去に適しているといえます。傷跡が残りやすいという人もいれば、ぜんぜん残らなかったという人もいて、術後の経過に大きな座があることがわかります。これは施術方法ではなく医師の腕前によるところが大きいので、クリニックを選ぶときにはしっかりと医師の評判を各にんしておくことも大切だといえます。この切除縫合法の良い点は、レーザーでは除去しきれないような根深いほくろも切除できるという点です。また、病理検査が行えるので、メラノーマなどの病気の疑いがあるのであれば、切除縫合法がおすすめです。サイズが大きい場合には切除縫合法がおすすめですが、1センチを超えるような更に大きなほくろであれば、電気凝固法が適しているといえます。電気凝固法とは、ほくろをかさぶたのように固めて取り除く方法です。一度の施術で終わるわけではなく複数回に渡って通院する必要はありますが、レーザーの反応しない盛り上がったほくろやメスでは取り除けない、深いほくろも除去できるというメリットがあります。反対に、サイズが小さい場合に適している方法としては、くりぬき法があります。その名の通り円筒状の器具で皮膚をくり抜く方法で、ほくろの下の組織まで取り除くため、再発の可能性が低いというメリットがあります。ただし、皮膚を繰り抜いた後に縫合するわけではないので、しばらく出血が続くことがあります。新たな皮膚ができるまでに時間も掛かるので、ダウンタイムを嫌う人は医師に他の方法を検討してもらうとよいでしょう。このように、ほくろ除去には様々な方法があり、それぞれメリットもデメリットも異なるので、自分の希望に合う方法を選びましょう。