ウーマン

クリニックでほくろの除去治療を受けるべし【悩みを手軽に解消】

  1. ホーム
  2. ほくろ除去の種類

ほくろ除去の種類

医者

ほくろ除去には種類がある

顔や目立つ場所にあるほくろをなんとか綺麗にしたいと思っても、民間療法では綺麗にならないことが多いでしょう。特に盛り上がったほくろは、美容外科などのクリニックに行ってほくろ除去を受けるのがベストです。盛り上がった大きなほくろには、高周波や電気メスによる除去が適しており、短時間で施術が終わるので時間がかかりません。しかし、根が深いほくろの場合、まれに1回では取り切れないこともあるので医師に確認しておくようにしましょう。また、大きなほくろはがんである可能性があるため、皮膚を切開してほくろ除去を行う方法も取られます。一般的には6ミリを超える大きさのほくろに適しているようです。ほくろの大きさに合わせてメスで切開していくため、術後は傷が残ったりすることもありますが、綺麗に縫合してしまえば徐々に傷跡は薄くなっていくので心配ありません。傷跡が目立たなくなる目安は、半年程度といわれています。顔に小さいほくろがたくさんあるような場合は、レーザーを使用するケースが多いです。ほくろ除去に使用されるレーザーは主に炭酸ガスレーザーで、痛みが少ないので気軽に受けられるでしょう。また、レーザーを当てた後に傷跡が残ることもほとんどありませんので、デリケートな部分や顔などにも安心して受けられます。炭酸ガスレーザーによる治療で綺麗にできないほくろもあるため、その場合は他のほくろ除去方法を検討しましょう。顔のほくろを早くなくす方法として、くり抜き法があります。この方法は小さいほくろに有効で、ほくろを医療用のパンチでくり抜いてしまう方法です。傷跡を縫合せずに薬を塗って治すため、早く傷跡がなくなります。また、くり抜いた後のほくろは、がんであるかどうか検査するため、メラノーマが気になる人にもおすすめです。他にも液体窒素を使用した治療法もあり、ほくろの形状やかかる治療費からも選択可能です。綺麗にほくろ除去できるかは医師の技術によって変わるので、評判のいいクリニックを探すようにしましょう。ホームページに症例が多く掲載されていると探しやすいです。