綺麗なお肌のヒミツはほくろ除去

クリニックでほくろの除去治療を受けるべし【悩みを手軽に解消】

ほくろの除去

看護師

ほくろ除去方法のメリット

ほくろが癌化している場合は、早急に除去しなければなりません。一般的にほくろの癌は、手術に保険が適用されるので心配することはないでしょう。また、ほくろから出血していたり、眼瞼にあって日常生活に支障をきたしたりする場合も、保険が適用されます。病院の医師に相談し、治療費がどれくらいかかるのか確認しておくとよいでしょう。ほくろを除去する方法に自宅でできる民間療法がありますが、肌を傷つけたり恐れがあるので気をつけましょう。美容外科で取り扱っているほくろの除去法として、レーザー治療が挙げられます。レーザーをほくろに当てて色素を除去する方法と、ほくろそのものをくり抜いてしまう方法があります。ほくろの色素を除去する施術では、ふくらんでいないほくろや濃いほくろ、シミに対応しています。また、くり抜き法ではイボのようなほくろを除去するのに適しています。どちらを選択するかは、ほくろの大きさや形状によって異なります。炭酸ガスレーザーを使用してくり抜く場合、肌にかかる負担が少なく傷も浅いので、綺麗に仕上がります。また、ほくろ以外の肌を傷つける心配もありません。特に炭酸ガスレーザーが得意な部分は、凹凸の激しい鼻や眉毛の中にあるほくろです。周囲を傷つけたくない部分にも適しています。炭酸ガスレーザー以外にも電気分解法といった特殊な施術も用意されています。レーザーよりも短時間で施術が終わるため、早くほくろの除去を行いたいという人に向いているでしょう。電気分解法は、ほくろに特殊な高周波を当てて組織を蒸散させる方法です。特に時間のかかりやすい盛り上がったほくろも、電気分解法なら1分程度で除去可能です。ほくろを再発させたくないときや大きなほくろのときは、くり抜き法よりもメスで切り取って縫い合わせる方法が採用されることもあります。レーザーよりも場合によっては、傷跡が目立たなく綺麗に治る可能性があります。今までの症例を参考に、自分に最適な施術法を選ぶようにしましょう。また、完全に傷跡が綺麗になり目立たなくなるまで、どれくらい時間がかかるか確認しておくのがおすすめです。

ほくろ除去のお役立ち知識

鏡を見る人

誰の肌にでもあるほくろですが、場所によってはなくしたい方も多いです。ほくろ除去方法は医療機関からセルフケアまで様々な方法があります。事前にそれぞれの特徴を知っておくことで、自分に適した失敗しないほくろ除去方法を選択できます。

ほくろ除去で悩み解消

カウンセリング

ほくろ除去をするなら、まず専門医に相談しましょう。治療方法のメリットとデメリットや費用などを比較する事が大切です。自分に合った方法でほくろを除去して、悩みを解消しましょう。

ほくろ除去の種類

医者

ほくろ除去には種類があり、ほくろの大きさや盛り上がり方などで除去する方法が異なります。自分で除去するクリームなどを塗る方法もありますが、キレイに取り除けない可能性もあるので皮膚科などでほくろ除去することが良い方法です。

自分でほくろ除去はNG

ナース

顔の目立つ部分にほくろがあってどうにかしたいという方は多いようです。病院で除去できるのは知っているけど、何だか行きにくい、自分でとってしまおうという考えは間違いです。美容クリニックできちんと治療を受けましょう。

手軽に受けられる施術

顔を触る人

存在感のあるほくろは一度気になると、大きな悩みとなることも珍しくありません。皮膚科や美容外科クリニックで簡単に除去できるので、思い悩まずにまずは医師に相談しましょう。殆どの場合、手ごろな費用で短期間のうちに改善できます。